Menu 戻る
  • 観光

台南産ブンタン、茨城県笠間市の中学生が試食 日本市場開拓に期待/台湾

2021/10/11 18:02
台南産ブンタンを食べる笠間市立友部中学校の生徒たち(台南市政府提供)

台南産ブンタンを食べる笠間市立友部中学校の生徒たち(台南市政府提供)

(台南中央社)南部・台南市で生産されたブンタンがこのほど、茨城県・笠間市立友部中学校の給食として提供された。台南市が11日、明らかにした。農産物による交流が日本での市場開拓につながればと期待を寄せた。

日本の消費者に台南のブンタンを知ってもらおうと、台南市は行政院(内閣)農業委員会農糧署と手を組み、今年8月下旬、市産ブンタンを日本向けに輸出。同校の生徒たちが7日、笠間市内の学校を代表して試食した。ブンタンを食べた生徒たちは笑顔を見せた。

黄偉哲(こういてつ)台南市長は、日台双方の関係者に感謝した上で、台南のブンタンは香りや甘みがあり、ビタミンや食物繊維も豊富で、栄養価値が高いと紹介。日本での販路拡大に意欲を示した。

台南市農業局によれば、市内のブンタンの栽培面積は1109ヘクタールで、台湾全体の27%を占め、面積、生産量ともに台湾一。

(楊思瑞/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top