Menu 戻る
  • 観光

台風18号、台湾南に接近へ 今晩8時に海上警報発令見込み

2021/10/10 15:51
台風18号、台湾南に接近へ 今晩8時に海上警報発令見込み=中央気象局提供

台風18号、台湾南に接近へ 今晩8時に海上警報発令見込み=中央気象局提供

(台北中央社)中央気象局によれば、軽度台風(台湾基準)台風18号が11日から12日にかけて台湾に最接近する。台湾の南のバシー海峡を抜けて、南シナ海に進むと見られている。10日午後8時には海上警報が発令される見通し。

台風18号は10日午前8時現在、台湾最南端ガランピ(鵝鑾鼻)から東南東1110キロの海上にあり、時速34から25キロで西北西から西に方向を変えながら進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル。

気象局の予報官によると、10日夜から11日早朝にかけて、台北一帯や北東部・宜蘭、東部・花蓮、台東で雨が降る。12日には北部や東部に加え、南部・恒春半島では大雨(24時間雨量が80ミリ以上または1時間雨量が40ミリ以上)となる可能性があり、所によっては豪雨(24時間雨量が200ミリ以上または3時間雨量が100ミリ以上)を超える雨となる恐れもあるという。

(張雄風/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top