Menu 戻る
  • 観光

台北の高級ホテル、屋上の駐機場を一般公開 開業以来初

2021/09/23 16:40
グランドハイアット台北(台北君悅酒店)屋上の駐機場

グランドハイアット台北(台北君悅酒店)屋上の駐機場

(台北中央社)台北市信義区の高級ホテル、グランドハイアット台北(台北君悅酒店)は24日から、屋上のエプロン(駐機場)を宿泊客を対象に一般公開する。公開は1990年の開業以来初めて。台北の美しい風景を360度展望でき、超高層ビル「台北101」を間近に見ることができる。公開は11月末まで。

駐機場を有するホテルは、台北では同ホテルのみ。同ホテルの陳隆慶総経理(社長)は、新型コロナウイルスの影響で北部の国内旅行市場が冷え込む中、シティホテルにとっての挑戦は館内の資源や施設を有効活用することだと話す。これまでとは一味違った台北を宿泊客に見てもらおうと、館内の屋上の“秘境”を公開することにしたという。

宿泊客は1人100台湾元(約400円)で見学できる。過去に多くの海外要人が宿泊した「ディプロマットスイート」も同時に公開される。参加者にはスパークリングワインやナッツが提供される。

(余暁涵/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top