Menu 戻る
  • 観光

台鉄と高鉄、指定席の販売上限引き上げ=コロナ国内感染者減で/台湾

2021/08/31 15:10
台鉄と高鉄、指定席の販売上限引き上げ=資料写真

台鉄と高鉄、指定席の販売上限引き上げ=資料写真

(台北中央社)交通部(交通省)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として台湾鉄道(台鉄)や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)に求めている指定席の販売座席数制限措置について、これまで座席定員の7割としていた上限を8割まで引き上げると発表した。国内の感染状況の落ち着きや警戒レベルが下から2番目の「第2級」を維持していることを背景に、「市民生活の正常化に向けて前進するため」と理由を説明している。

飲食については駅構内の改札外エリアに限り、適切な社会的距離を保った場合に認める。また、台鉄が外部に運営を委託している観光列車内でも条件付きで飲食が可能となる。

同部は同日、国家風景区や観光レジャー業、観光バスなどに対する制限緩和措置も合わせて発表した。今後も感染状況を注視し、中央感染症指揮センターの規定に合わせて対応を検討するとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top