Menu 戻る
  • 観光

日立製の台鉄新特急が初の走行試験 年末にも営業投入へ/台湾

2021/08/20 13:49
19日に初の走行試験が行われたEMU3000型車両=台鉄提供

19日に初の走行試験が行われたEMU3000型車両=台鉄提供

(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は20日、新型特急車両EMU3000型の走行試験を19日に初めて行ったと発表した。今後、独立検証と妥当性確認を行う第三者企業らを交えた各種試験を実施し、年末にも営業運転に投入される予定。

今回走行試験を行ったのは、台鉄が日立製作所グループに発注し、先月30日に台湾に到着した第1編成。

台鉄によると、年内にも7編成84両が納品され、2024年までに全50編成600両がそろう見込み。今年以降、東部幹線に優先的に投入して花蓮、台東地区の輸送力増強を図り、将来的には旧型車両を置き換え、良質なサービスを提供するとしている。

(余曉涵/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top