Menu 戻る
  • 観光

日立、台鉄新特急の安全を祈願=今月末に台湾に到着予定

2021/07/21 17:45
台湾鉄路管理局(台鉄)の新特急の安全祈願式=7月21日、山口県下松市、台鉄提供

台湾鉄路管理局(台鉄)の新特急の安全祈願式=7月21日、山口県下松市、台鉄提供

(台北中央社)日立製作所は21日、台湾鉄路管理局(台鉄)から受注した都市間特急車両「EMU3000」の第1 陣12両を台湾に向けて輸送するのを前に、山口県下松市にある同社の鉄道車両工場、笠戶事業所で安全祈願式を行った。台鉄が同日、報道資料で明らかにした。車両は30日に東部・花蓮県の花蓮港で陸揚げされる予定。

台鉄によれば、儀式は降松神社(下松市)の神主によって執り行われ、運行の安全を願った。式典には笠戶事業所の三浦淳所長が現場で立ち会ったほか、台鉄の馮輝昇副局長や日立製作所の関係者らがリモートで参加した。

台鉄は2019年、日立グループに都市間特急車両600両を発注した。1編成12両で50編成。2024年末までに納入が完了する予定。

(汪淑芬、李先鳳/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top