Menu 戻る
  • 観光

台湾10県市に高温情報 中部や南部では局地的に38度達する恐れも

2021/05/24 12:07
中央気象局提供

中央気象局提供

(台北中央社)中央気象局は24日午前、台湾本島10県市に高温情報を出し、極端な気温に注意を呼び掛けた。中部・南投県や南部・台南市、高雄市、屏東県では局地的に38度以上に達する恐れがあるという。

他に高温情報の対象となっているのは、中部・台中市、彰化県、雲林県、南部・嘉義市、嘉義県、東部・花蓮県。これらの地域では気温が36度以上まで上がる可能性がある。これ以外の地域でも日中の最高気温は、西部で34~35度、東部では32~33度まで上がる見通し。

24日は前線が接近する。午後は各地で一時雨や雷雨となる。特に山地や北部・基隆や北部沿岸地では局地的な大雨に見舞われる可能性があり、短時間の強い雨や天気の変化に要注意だという。

(汪淑芬/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top