Menu 戻る
  • 観光

台湾南西部の風情楽しむ自転車道3路線 女性タレントと走るイベントも

2021/05/14 11:26
12日に行われたPR記者会見の様子

12日に行われたPR記者会見の様子

(台北中央社)台湾南西沿海部の風情を満喫できるサイクリングロード3路線のPR記者会見が12日、台北市内で開かれた。夏場には、女性タレントと一緒に各コースを巡るサイクリングイベントも予定されている。

記者会見を開いたのは、中部・雲林県、南部・嘉義県、台南市の海沿いの景勝地を管轄する雲嘉南浜海国家風景区管理処。交通部(交通省)観光局が今年を「自転車旅行年」と位置付けているのに呼応し、所轄区域のサイクリングロードPRに乗り出した。

3路線はそれぞれ、嘉義県布袋の「ハイヒール教会」と台南市北門の「水晶教会」、2カ所の人気観光スポットを結ぶコース(全長約37キロ)▽雲林県の湿地帯や風景自慢の自転車道を楽しむコース(同約33キロ)▽台南市の漁港、七股から台湾最西端の灯台「国聖港灯台」を目指すコース(同約30キロ)。

サイクリングイベントは、教会コースが7月18日、湿地帯コースが8月29日、灯台コースが9月25日に予定されており、女優でモデルのカレン・フー(胡盈禎)が7月、司会者などとして活躍するペイチェン(佩甄)が8月、同シャオシェン(小嫻)が9月のイベントに参加する。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top