Menu 戻る
  • 観光

台北メトロ、開業25周年で列車型ICカード発売 販売所に長蛇の列/台湾

2021/04/30 18:50
中山駅の販売所にできた長蛇の列

中山駅の販売所にできた長蛇の列

(台北中央社)台北メトロ(MRT)は30日、開業25周年を記念し、交通系ICカード「イージーカード」(悠遊卡)の限定商品を発売した。中山駅の販売所には午前10時の販売開始を前に長蛇の列ができた。同社によれば、夕方までに完売したという。

発売されたのは立体型と平面型の2種類で、いずれも列車の形を模した。立体型は1個490元台湾元(約1910円)で、改札機にかざすと光り、列車のドアが閉まる際に鳴る「ピピピ」という警報音が発せられる。平面型は1枚120元(約470円)。

限定版イージーカードは中山駅と忠孝復興駅の販売所で販売された。中山駅の販売所前で購入希望者の列に加わっていた男性によれば、前夜から並んでいた人もいたという。

5月8日には開業25周年記念のポロシャツが発売される。価格は390元(約1520円)。

台北メトロは先月28日に開業から25年を迎えた。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top