Menu 戻る
  • 観光

高雄市で2022年ランタンフェスの試験点灯 熱気球が水面彩る/台湾

2021/04/24 15:38
高雄市で2022年ランタンフェスの試験点灯 熱気球が水面彩る=高雄市政府提供

高雄市で2022年ランタンフェスの試験点灯 熱気球が水面彩る=高雄市政府提供

(高雄中央社)2022年の台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)を主催する南部・高雄市で23日、試験点灯が行われ、ライトアップされた熱気球が高雄港を美しく彩った。

史哲副市長が同日、試験点灯の写真をフェイスブックに投稿した。史氏はコメントで、かつて台北市でのみ開催され、台北灯会と呼ばれていた同フェスが各県市持ち回りで開かれるようになり、2001年と02年の高雄灯会を経て03年に台湾灯会へと改称した歴史を振り返った上で、20年ぶりの開催を喜んだ。

そして、初の試みとして、市内を流れる愛河が高雄港に流れ込む河口付近と、東に約5キロ離れた衛武営都会公園の2エリアを会場にすると発表。エリア内には高雄流行音楽センターや衛武営国家芸術文化センターという2つの大型芸術施設のほか、河や港、公園の池などがあり、これら全てがフェスの舞台だとつづり、奇想天外な発想で同市を輝かせたいと意欲を示した。

(洪学廣/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top