Menu 戻る
  • 観光

年末の台湾 クリスマスは湿度やや低く 大みそかは寒さ強まる

2020/12/23 14:59
年末の台湾 クリスマスは湿度やや低く 大みそかは寒さ強まる=資料写真

年末の台湾 クリスマスは湿度やや低く 大みそかは寒さ強まる=資料写真

(台北中央社)中央気象局によれば、クリスマスの25 日は北東の季節風の影響で北部や北東部で肌寒くなるものの、湿気はやや低くなる見込み。26日には寒さが和らぐが、27日以降は寒気が次第に強まり、大みそかの夜は北部で気温が14度を下回るとみられている。

気象局が23日発表した週間天気予報によると、25 日の各地の予想気温は台北市15~17度、北部15~19度、中部16~25度、南部17~26度、北東部16~18度など。東部や台北都市圏では局地的に雨が降るが、その他地域は晴れるという。

(張雄風/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top