Menu 戻る
  • 観光

金環日食 20万人が嘉義市訪問 地元はうれしい悲鳴/台湾

2020/06/22 19:01

(嘉義中央社)金環日食が起こった21日、金環帯に入っていた南部・嘉義市には少なくとも20万人が訪れていたことが分かった。黄敏恵市長が22日明らかにした。地元市民からは、道路がひどく混雑したり、店に長い行列ができたりしているのを初めて目にしたという声が多く寄せられたという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top