Menu 戻る
  • 観光

台湾で金環日食 8年ぶりの天体ショー、次は195年後

2020/06/21 17:09

(台北中央社)21日午後、台湾の一部地域で金環日食が観測された。この日は一年で最も昼の時間が長いとされる夏至で、太陽が月の影に隠れ、リング状の光を放った。中央気象局の記録によれば、台湾で金環日食が観測されたのは2012年以来8年ぶり4回目で、次に台湾で観測できるのは195年後だという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top