Menu 戻る
  • 観光

2・28事件で銃殺された弁護士の旧宅を守れ 有志がクラファン/台湾

2020/05/14 17:50

(台南中央社)戦後間もない頃に発生した「2・28事件」で国民党政権が市民を弾圧する中、自らの命を犠牲にして人々を守った南部・台南市の弁護士、湯徳章(日本名:坂井徳章)氏の旧宅を、民間から資金を集めて購入し、記念館として再活用することを目指すクラウドファンディングが始まっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top