Menu 戻る
  • 観光

台湾新幹線、指定席座席の間隔を横・前後共に空けて販売 新型コロナ対策

2020/04/23 13:25

(台北中央社)台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は21日から、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、指定席の座席の間隔を横、前後共に空けて販売する措置を開始した。システム上で窓側の座席を優先的に割り当て、前後も2~3列の間隔をとる。林佳龍交通部長(交通相)が22日、フェイスブックで明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top