Menu 戻る
  • 観光

桃園空港、第1ターミナルで入境者ゼロ 史上初/台湾

2020/04/16 14:22

(桃園空港中央社)新型コロナウイルスの影響で、桃園国際空港の利用者数が激減しており、14日には前年の平均値から99.5%減となる669人にとどまったことが分かった。このうち第1ターミナルからの入境者は、1979年の開港以来初めてとなる「ゼロ」だった。内政部(内務省)移民署国境事務大隊が発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top