Menu 戻る
  • 観光

トランスアジア航空、運航停止の隠匿は「乗客を心配」=親会社総裁/台湾

2016/11/25 17:38

(台北 25日 中央社)トランスアジア(復興)航空を傘下に持つSIGMUグループの林孝信総裁は24日、同航空解散後の沈黙を破り、台湾の経済紙の取材に応じた。当初、運航停止を隠匿した理由について林氏は、事実を認めれば国外の旅客機が差し押さえられ、乗客が台湾に戻れなくなるのを心配したためだと説明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top