Menu 戻る
  • 社会

海軍のフリゲート艦を一般公開 高雄市長、国防意識の向上に期待/台湾

2021/10/09 17:48
パフォーマンスを披露する軍の鼓隊

パフォーマンスを披露する軍の鼓隊

(高雄中央社)高雄市政府は9日、高雄港の新浜埠頭を一般公開した。これに合わせて海軍のフリゲート艦2隻の見学会が行われ、関連の式典に出席した陳其邁(ちんきまい)市長は、国防の重要性を理解してもらいたいと語った。

双十国慶節(中華民国の建国記念日)の10日に高雄港で花火大会が行われるのを記念し、海軍の協力を得て実施した。軍の鼓隊や地元高校の儀仗隊によるパフォーマンスなども行われた。

陳市長は、最近になり中国軍が台湾の防空識別圏や周辺海域に頻繁に出入りしていることに触れ、海軍は台湾海峡の平和と安定の維持に努力していると強調。フリゲート艦の見学を通じて市民の国防への意識を強固なものにできればと期待を寄せた。

(洪学広/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top