Menu 戻る
  • 社会

台湾、国内感染2人 死者1人 新北クラスター関係者1454人は陰性

2021/09/10 19:03
台湾、国内感染2人 死者1人 新北クラスター関係者1454人は陰性=写真は9月10日、新北市で撮影

台湾、国内感染2人 死者1人 新北クラスター関係者1454人は陰性=写真は9月10日、新北市で撮影

(台北中央社)中央感染症指揮センターは10日、新型コロナウイルスの国内感染者を新たに2人確認したと発表した。70代の男性1人の死亡も報告された。

新規の国内感染者はいずれも男性で、年齢は10代と60代。接触があった57人を在宅隔離措置の対象とした。疫学調査を進め、感染源を特定するとしている。

海外からの輸入症例は5人。うち2人が米国、そのほかはトルコ、日本、アルメニアにそれぞれ行動歴があった。先月26日から今月8日にかけて入国した。

▽新北クラスター、感染者は27人に

北部・新北市内の幼稚園を発端としたクラスター(感染者集団)の感染源について同センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は10日午後の記者会見で、ウイルスのゲノム(全遺伝情報)解析の結果、園児1人とその母親の感染源は同一だったと明らかにした。いずれもデルタ株への感染が確認された。同クラスター関連の感染者数は27人に上っている。

侯友宜(こうゆうぎ)新北市長は同日、同クラスターの関係者のうち、すでに検査を行った1454人は全員陰性だったと明らかにした。

台湾で10日までに確認された感染者は1万6069人となり、うち839人が死亡した。

(陳婕翎、張茗喧、黄旭昇、沈佩瑤/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top