Menu 戻る
  • 社会

サッカー3大会、台湾での開催取り消し=参加国、コロナ対策要求満たせず

2021/09/08 18:41
サッカー3大会、台湾での開催取り消し=イメージはUnsplashから

サッカー3大会、台湾での開催取り消し=イメージはUnsplashから

(台北中央社)中華民国サッカー協会は8日、予定されていた3大会の台湾での開催が取り消されたと明らかにした。主催するアジアサッカー連盟(AFC)から7日に通達があった。台湾の新型コロナウイルス感染対策に関する要求に応じられないと参加国からAFCに文書が送られたという。

台湾では今月から来月にかけて、AFC女子アジアカップ予選、AFCアジアカップ予選プレーオフ、AFC U23アジアカップ予選が催される予定だった。参加国には、入国後5日間の隔離と、隔離後は外部と接触しない「バブル方式」への協力などを求めていたが、参加国は隔離期間中、トレーニングできないことから試合に向け準備不足となることを懸念したという。

同協会は、台湾での開催が決まってから、最も厳格な基準で準備を行い、感染対策措置を策定してきたと説明。世界的に感染が広がる中、AFCや大会参加国、政府、地方自治体間で感染対策と大会開催を両立させようと、調整を最後まで続けていたとした上で、開催の取り消しは非常に遺憾だとの立場を示した。

大会の開催についてはAFCが調整中だという。

(黄巧雯/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top