Menu 戻る
  • 社会

台湾、国内感染15人 死者4人 感染状況「落ち着いている」=コロナ指揮官

2021/07/18 19:02
台湾、国内感染15人  死者4人   感染状況「落ち着いている」=コロナ指揮官

(台北中央社)中央感染症指揮センターは18日、新型コロナウイルスの国内感染者を新たに15人確認したと発表した。20代から90代までの男女だった。

居住地別では多い順に新北市7人、台北市5人、桃園市3人。同センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は感染状況は全体的に落ち着いているとし、15人のうち、感染源不明が6人だったのは比較的少ないと説明。感染経路の調査で、中央と自治体の協力に加え、自治体間の連携が功を奏したとの見方を示した。

死者数は4人で、40代から80代までの男女だった。

海外からの輸入症例は3人確認された。仕事のため来台した英国人男性1人、スペインと米国にそれぞれ渡航歴を持つ台湾人各1人で、米国から16日に帰国した台湾人女性は、空港では症状は見られなかったが、同日中に検疫ホテルで発症した。

台湾内の感染者は累計1万5408人で、うち768人が死亡した。

(陳婕翎、江慧珺/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top