Menu 戻る
  • 社会

日立の陰圧ブース「台湾、先にどうぞ」日本の病院が発注分譲る 前交通相が感謝

2021/06/08 17:58
日本から届く組み立て式の陰圧ブース=林佳龍氏のフェイスブックから

日本から届く組み立て式の陰圧ブース=林佳龍氏のフェイスブックから

(台北中央社)林佳龍(りんかりゅう)前交通部長(交通相)は7日夜、フェイスブックを更新し、新型コロナウイルスの治療に使われる組み立て式の陰圧ブースが日本から届く見通しだと明らかにした。日本の病院が発注していたが、台湾が必要としていることを知り先に譲ってくれたとして、深い謝意を示した。

林氏は新型コロナの感染拡大を受け、今月初め資金を募り、日立製作所グループの企業が手掛ける陰圧ブースを20セット購入。届き次第、病院に導入されるという。

林氏は、フェイスブックの投稿に日本語のメッセージも添え、「まさかの時の友は真の友といいますが、私たち台湾人は皆さんの温かい支援に感謝してもしきれない思いです」と記した。

(葉素萍/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top