Menu 戻る
  • 社会

新型豚インフル人への感染例、台湾で初確認 5歳女児、すでに完治

2021/06/08 13:07
新型豚インフル人への感染例、台湾で初確認=イメージはUnsplashから

新型豚インフル人への感染例、台湾で初確認=イメージはUnsplashから

(台北中央社)衛生福利部(保健省)疾病管制署は7日、台湾で初めて新型の豚インフルエンザの人への感染例が確認されたと発表した。中部在住の5歳女児で、海外への渡航歴はなく、家族は養豚場を営んでいる。養豚場の豚や接触者からはいずれもウイルスが検出されず、同署は散発的なケースだとの見解を示している。

荘人祥副署長によれば、3月中旬、女児に鼻水やせき、発熱などの症状が現れた。医療機関を受診し、簡易検査でA型インフルエンザ陽性とされた。入院せずに帰宅し、薬を服用したところ回復。4月になって、女児の呼吸器検体から豚インフルエンザの変異型ウイルスH1N2vが検出された。

荘氏によれば、H1N2v型の人への感染例は海外ではまれに報告されている。ただ、人から人に感染する現象を示す根拠はないという。

(陳婕翎/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top