Menu 戻る
  • 社会

台中、苗栗、彰化北部で給水制限解除=梅雨前線と台風で恵みの雨/台湾

2021/06/06 13:38
大雨が降った南部・高雄市で道路が冠水

大雨が降った南部・高雄市で道路が冠水

(台北中央社)梅雨前線と台風3号接近で台湾各地に雨が降ったのを受け、干害中央災害対策センターの王美花(おうびか)指揮官は6日、台中市、苗栗県、彰化県北部で実施されていた給水制限を解除すると発表した。7月末まで安定した給水ができる見込みだとしている。

これらの地域では週2日の断水措置が行われていた。経済部(経済省)水利署によれば、今回の雨で永和山ダム(苗栗県)には120万トン、鯉魚潭ダム(同)と徳基ダム(台中市)には約1750万トンの水量がもたらされた。

王氏は、干害対策はまだ終わっていないとし、7日には会議を開き、さらなる対策について話し合っていくとした。

(呉佳蓉/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top