Menu 戻る
  • 社会

台湾、国内感染4人増 ともに感染者の同居家族 新型コロナ

2021/05/02 17:45
台湾、国内感染4人増  ともに感染者の同居家族  新型コロナ

(台北中央社)中央感染症指揮センターは2日、新型コロナウイルスの国内感染者4人を新たに確認したと発表した。いずれも感染者の同居家族だった。

うち1人は、先月26日に感染が判明したチャイナエアライン(中華航空)の貨物機操縦士の同居家族女児。症状はないが、感染している可能性が高いとされ、先月30日に検査を受け、陽性と判定された。1日には同操縦士と暮らす男児の陽性が判明していた。

残り3人は、ともに同社の複数操縦士が検疫(外出禁止)のために利用したホテルの従業員の同居家族。先月30日、従業員の感染が分かったため、3人は同日に接触者として検査を受けた。3人には同28日から29日にかけて、筋肉痛や咳、発熱などの症状が出ていた。

この他に海外からの輸入症例も1人発表された。20代のインドネシア人男性で、就学のため訪台した。

台湾内の感染者は累計で1137人となった。

(陳婕翎、張雄風/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top