Menu 戻る
  • 社会

輸入食品不合格 日本の緑茶パウダーやイチゴ、メロンから残留農薬/台湾

2021/04/27 15:44
基準値を上回る農薬が検出された日本産メロン=食品薬物管理署提供

基準値を上回る農薬が検出された日本産メロン=食品薬物管理署提供

(台北中央社)衛生福利部(保健省)食品薬物管理署が27日に公表した水際検査の不合格品は20品目だった。日本からの輸入品では緑茶パウダーやイチゴ、メロンから基準値を上回る農薬が検出された。これらは返送、または廃棄処分される。

不合格となったのは、丸久小山園(京都府)の緑茶パウダー4.8キロ、高知県産メロン4キロと90キロ、熊本県産イチゴ82.8キロ。

この他、米国産のアボカド1980キロからは基準値を超える重金属が検出され、不合格とされた。

(張茗喧/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top