Menu 戻る
  • 社会

台湾のキャラクターを日本に売り込みへ ライセンス展に台湾パビリオン

2021/04/15 14:16
台湾のキャラクターを日本に売り込みへ ライセンス展に台湾パビリオン

台湾のキャラクターを日本に売り込みへ ライセンス展に台湾パビリオン

(東京中央社)台湾の文化コンテンツの産業化と国際化を促進する文化内容策進院(文策院)は東京ビッグサイトで14日から16日まで開かれるライセンス見本市「第11回ライセンシングジャパン」に台湾パビリオンを出展し、初日の14日、開幕式を開催した。台湾パビリオンには台湾の14のキャラクターが出展し、商談の機会を探る。台北駐日経済文化代表処の張仁久副代表(副大使に相当)はあいさつで、将来的に日本市場でより多くの台湾のキャラクターIP(知的財産)を目にすることができるようになればと期待を寄せた。

14のキャラクターは文策院と日本のキャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)が共同で選定した。両者は昨年、覚書を結んでいる。文策院がライセンシングジャパンに参加するのは昨年に続き2度目。昨年のライセンシングジャパンをきっかけにした商談金額は約4億台湾元(約15億3000万円)に上った。

参加キャラクターの一つ「KURORO」(クロロ)は台湾でマスクを製造する「易廷」と手を組んで制作したマスクを展示。日本の消費者に台湾のイラストを知ってもらうだけでなく、感染対策に使える美しいデザインの商品を紹介する。

また、ライセンシングジャパンの開催期間中、台北市大同区のデジタル革新基地「digiBlockC」でも同内容の展示を行う。

(楊明珠/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top