Menu 戻る
  • 社会

タイワンヤマネコの赤ちゃん、すくすく成長/台湾・台北動物園

2021/04/15 12:31
次男の「猫攬」=台北市立動物園提供

次男の「猫攬」=台北市立動物園提供

(台北中央社)台北市立動物園は12日、先月誕生した絶滅危惧種、タイワンヤマネコ(石虎)3匹の生育状況を公開した。同園はそれぞれに、園内の人気者、パンダ「猫熊」(マオション)、付近の茶どころ「猫空」(マオコン)、同園と猫空を結ぶ猫空ロープウェー「猫纜」(マオラン)と同じ発音やよく似た発音の名前を付け、3匹の「萌え」パワーが地元の観光活性化につながることに期待を寄せている。

同園によれば、園内でタイワンヤマネコが生まれたのは28年ぶり。生後約1カ月の今月7日に健康チェックと雌雄判別が行われ、すくすく成長していることが確認された。長男「猫雄」には好男子、次男「猫攬」には抱きしめたくなる愛らしさ、妹「猫控」にはネコ好きという意味がそれぞれ込められているという。

(陳怡璇/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top