Menu 戻る
  • 社会

台湾、輸入症例2人確認 新型コロナ

2021/04/04 19:09
台湾、輸入症例2人確認  新型コロナ

(台北中央社)中央感染症指揮センターは4日、新型コロナウイルスの感染者を2人新たに確認したと発表した。いずれも海外から持ち込まれた輸入症例だとしている。台湾内の感染者は累計で1047人となった。

感染が確認されたのは、20代のインドネシア人男性と60代の台湾人男性。インドネシア人男性は先月31 日、就学のために訪台。入国時は無症状だったが、集中検疫所で隔離を受けていた今月2日、発熱などの症状が出て、検査を受けたところ陽性と判定された。

台湾人男性は仕事でフィリピンに長期滞在していた。3月下旬から症状が出始め、悪化したため、現地で病院を受診し陽性が判明した。男性は今月2日、医療専用機で帰国。3日に病院で検査を受け、陽性が改めて確認された。

(張雄風/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top