Menu 戻る
  • 社会

脱線事故、芸能界から追悼文や義援金 リン・チーリン「一緒に祈りましょう」/台湾

2021/04/03 18:41
大陸委員会のIGより

大陸委員会のIGより

(台北中央社)東部・花蓮県で発生した特急列車の脱線事故を受け、芸能界からは、犠牲者を悼むメッセージが続々と寄せられているほか、義援金を贈る動きも出ている。

女優でモデルのリン・チーリン(林志玲)は、インスタグラムのストーリー機能を利用して、「一緒に乗客のために祈りましょう」と呼び掛け、現場の人々に声援を送った。同じく女優でモデルのティファニー・シュー(許瑋甯)、歌手のエルバ・シャオ(蕭亜軒)、同フィッシュ・リョン(梁静茹)も各自のSNS(交流サイト)を通じて祈りを捧げた。

このほか、ユーチューバーの館長(陳之漢)が250万台湾元(約970万円)、香港の俳優、チャップマン・トウ(杜汶澤)が100万元(約390万円)を寄付する意向を表明している。

中央災害対策センターが3日午前10時半までにまとめた統計によれば、この事故によって、乗客・乗員約500人のうち運転士を含む50人が死亡、178人が重軽傷を負った。

(王心妤/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top