Menu 戻る
  • 社会

台湾、新規感染者6人増 比とインドネシアの労働者

2021/04/03 17:01
完全防備した姿で桃園空港に到着した旅行客ら

完全防備した姿で桃園空港に到着した旅行客ら

(台北中央社)中央感染症指揮センターは3日、台湾で新型コロナウイルス感染者を新たに6人確認したと発表した。仕事で訪台した20~30代のフィリピン人女性3人と、20~40代のインドネシア人男性3人で、いずれも無症状だという。

フィリピン人女性のうち、先月10日に入国した1人は、隔離期間満了前の検査では陰性で、自主健康管理(公共の場への出入り自粛など)中に陽性に転じたケースだった。残る2人が入国したのは先月19日で、隔離期間満了前の検査で陽性となった。

インドネシア人男性はいずれも船員。3人が乗り組む船は台湾到着後の先月13日から乗組員全員が隔離を行い、今月1日に一斉検査を受けていた。

3日現在、台湾内の感染者は累計1045人で、このうち929人が海外から持ち込まれた輸入症例。死者は10人。992人は隔離解除された。

(陳至中/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top