Menu 戻る
  • 社会

台湾の小中高、きょう始業 コロナ対策で4日遅れの新学期

2021/02/22 13:37
生徒たちと「手洗いダンス」を披露する台北市の黄珊珊副市長

生徒たちと「手洗いダンス」を披露する台北市の黄珊珊副市長

(台北中央社)台湾の小中高では22日、新学期が始まった。新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が先月発生したのを受け、始業日が当初の予定から4日間繰り下げられた。台北市の吉林小の児童はこの日、自分たちで振り付けした「手洗いダンス」を披露。こまめな手洗いやマスク着用、検温、より多くの運動を呼び掛けた。

市は新学期開始を前に、各学校の消毒作業を完了させたほか、各学校の防疫物資を半年から1年分備蓄した。登校する児童や生徒には校門で検温を実施し、発熱状況を確認する。

台北市の黄珊珊副市長らは同日朝、吉林小を視察に訪れ、感染防止策の整備状況を確認した。

(陳昱婷/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top