Menu 戻る
  • 社会

台南・塩水ロケット花火祭、一般開放せず 規模縮小し開催/台湾

2021/02/18 15:21
昨年の塩水ロケット花火祭り

昨年の塩水ロケット花火祭り

(台南中央社)街中で花火や爆竹を乱射し無病息災を祈る南部・台南市の伝統行事「塩水ロケット花火祭り」(塩水蜂炮)について、同市政府は18日、今年は会場を塩水中学校内のみとし、一般に開放しない方針を示した。新型コロナウイルス対策のためとしている。

旧正月を締めくくる「元宵節」(今年は26日)に合わせて行われる同祭り。市は感染対策のため、市主催のランタン祭りとともに中止を決定していたが、ロケット花火祭りは一部儀式だけでも執り行いたいと地元から声が上がっており、市は主催の廟や市民と話し合いを続けていた。

26日午後6時から深夜にかけて同中学校内で花火を放ち、関係者のみの入場とする方針だという。

(楊思瑞/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top