Menu 戻る
  • 社会

国内感染2人の接触者、522人全員陰性 追加で約400人検査へ/台湾

2021/01/14 18:09
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは14日、新型コロナウイルスへの感染が確認された北部の病院の男性医師と女性看護師の接触者計522人の検査結果は全員陰性だったと明らかにした。15日からは医師が勤務する病院の関係者を対象に範囲を広げて検査を実施する。300~400人に検査を行う予定だとしている。

男性医師の感染は12日に発表された。この医師は新型コロナ患者の治療に当たったことがあり、院内感染だとみられている。看護師は医師の同居者で、同じ病院に勤務しているが、コロナ患者を担当したことはなかった。指揮センターが病院関係者468人と市中での接触者55人を対象に検査したところ、同居女性以外は陰性だと判明した。

指揮センター専門家諮詢チームの張上淳座長によれば、新たに検査の対象になるのは、感染者と同じ部門で短時間接触した関係者など主に医療従事者や事務職員。当初は病院関係者1200人超全員を検査する計画だったが、疫学調査の結果が明確で、接触者への検査も十分に行えていることから、一部の関係者を対象とした検査にとどめた。

張氏はすでに検査した接触者が全て陰性だったことから、ウイルスが外部に広まった疑いはないと説明した。

(張茗喧、許秩維/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top