Menu 戻る
  • 社会

台湾、コロナ感染者新たに3人確認 ナイジェリア、エジプト、米から入国

2021/01/08 17:30
台湾、コロナ感染者新たに3人確認  ナイジェリア、エジプト、米から入国

(台北中央社)中央感染症指揮センターは8日、台湾で新型コロナウイルスの感染者を新たに3人確認したと発表した。いずれも海外から持ち込まれた輸入症例だという。

1人目はアフリカ西部のナイジェリアで商売を営む70代の台湾人男性。昨年12月下旬に発熱や呼吸困難、衰弱などの症状が現れ、地元の病院で肺炎と診断されたが、2度の検査で陰性だったという。国際医療搬送サービスを申請して今月5日に帰国し、到着後直接病院に運び込まれた。

2人目は今月5日、家族と共にエジプトから訪台した10歳未満のエジプト人女児。無症状だったが陰性証明は所持しておらず、到着時に空港での自費検査を申請していた。

3人目は昨年米国に留学した20代の台湾人女性。今月1日からせきや喉の痛み、鼻水などの症状が出て、現地でPCR検査を受けたところ陰性だったため、医療機関は受診しなかったという。6日に帰国し、空港で症状があることを申告した。

8日現在、台湾内の感染者は累計825人で、このうち730人が輸入症例。死者は7人。714人は隔離解除された。

(張茗喧/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top