Menu 戻る
  • 社会

台湾の丑年記念コイン、今月発売 今年はオンライン予約を初導入

2021/01/07 18:23
中央銀行が発行する丑年記念コイン

中央銀行が発行する丑年記念コイン

(台北中央社)2021年の干支、辛丑(かのとうし)の記念コインセットが今月下旬に発売される。今年は銀行での窓口販売に加え、オンライン予約が初めて導入され、7日から受け付けが始まった。発行元の中央銀行は、若い世代もスマートフォンなどで気軽に購入できるとし、消費者の購入意欲を高められればと期待を寄せている。

記念コインセットは額面100台湾元(約370円)の銀貨と額面10元(約37円)の銅合金貨各1枚入りで、ショーケースにもなる台座付き。銀貨の銀含有量は1オンス(約31.1グラム)で、正面に牛、裏面に南部・高雄市前鎮区に伝わる獅子舞「戯獅甲」の模様があしらわれた。銅合金貨は正面が牛、裏面は一部に彩色を施したユリの花となっている。価格は1組1800元(約6600円)。

発売日は21日。10万組限定で、このうち5万組がオンライン予約用。予約は、台湾銀行の特設サイト(https://coinset.bot.com.tw)で13日正午まで受け付ける。予約者が多い場合は抽選となり、結果は14日午前9時に発表される。当選者は18日までに支払いを済ませ、発売日から1カ月以内に同行で品物を受け取る。残りの5万組は、同行で窓口販売される。

(潘姿羽/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top