Menu 戻る
  • 社会

福島原発処理水の海洋放出に反対 台湾の環境保護団体、意見書を提出

2020/05/13 17:53

(台北中央社)台湾の複数の環境保護団体が13日、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所(台北市)前で記者会見を開き、東京電力福島第1原子力発電所の汚染水の海洋放出に反対する意見書を交流協会に提出した。団体の代表者は、日本政府には環境保護団体の声を重視してもらいたいと話した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top