Menu 戻る
  • 社会

故宮院長、日本の台湾統治に言及「明治維新の経験を持ち込んだ」高雄で講演

2019/08/23 11:57

(高雄 23日 中央社)国立故宮博物院の呉密察院長は22日、南部・高雄市で台湾の歴史の近代転換をテーマに講演し、台湾の近代史をマクロの視点からみると、日本の台湾統治(1895~1945年)は明治維新の成功経験をそのまま持ち込んだものだとの考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top