Menu 戻る
  • 政治

国慶節控え予行演習 戦闘機など47機が総統府上空に 巨大国旗も/台湾

2021/09/30 16:04
巨大な国旗をつるして総統府上空を飛行する輸送ヘリCH47。国旗のサイズは過去最大となる横18メートル、縦12メートル

巨大な国旗をつるして総統府上空を飛行する輸送ヘリCH47。国旗のサイズは過去最大となる横18メートル、縦12メートル

(台北中央社)来月10日に控える双十国慶節(中華民国の建国記念日)の祝賀式典に向けた準備が進められている。30日早朝、国軍や内政部(内務省)空中勤務総隊(空勤総隊)の航空機、合わせて47機が総統府上空を飛行。輸送ヘリCH47(チヌーク)2機は巨大な国旗をつるして飛行した。

今年は民国110年と節目の年であることから、規模を拡大して祝われる。28日は式典本番の一部に当たる29機が予行飛行を行ったが、この日は全ての航空機が演習に参加。戦闘機やヘリなど12機種、47機が総統府上空を舞った。

軍用車両計170台も総統府前を通過。対艦ミサイル「雄風3」や地対空ミサイル「陸射剣2」を載せた車両が走行した。

(游凱翔/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top