Menu 戻る
  • 政治

台湾学者、台日関係強化に期待 岸田新総裁選出で

2021/09/29 21:06
台湾学者、台日関係強化に期待 岸田新総裁選出で

台湾学者、台日関係強化に期待 岸田新総裁選出で

(台北中央社)岸田文雄衆院議員が自民党の新総裁に選ばれたことについて、台湾の学者からは「ハイレベル政治対話の実現に向けより前向きに取り組んでくれるのでは」など、台日双方の関係強化を期待する声が上がっている。

中山大学中国・アジア太平洋地域研究所の郭育仁教授は、岸田氏について「穏健派で控えめ」だと分析。新政権の発足後は海上警備分野での台日の協力関係が一層深まるだけでなく、ハイレベル政治対話が実現できるよう岸田氏がより積極的に働き掛けていくだろうとの考えを示した。

中国を巡っては、郭氏は、岸田氏が安倍晋三前首相の親米路線を継承し、日米同盟の対中抑止力を強化することになると指摘した。ただ、中国の習近平国家主席が交渉中の日中韓自由貿易協定(FTA)など経済連携の枠組みを武器に、新首相の台湾政策に影響を与え台日関係を「民間の往来のみ」に後戻りさせようとしているのではと郭氏は懸念を表明。「その際、岸田氏がどう対応するかが注目に値する」と話した。

(鍾佑貞/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top