Menu 戻る
  • 政治

国連参加を目指す台湾、国交樹立国に支持求める

2021/09/02 16:30
米ニューヨーク市にある国連本部ビル

米ニューヨーク市にある国連本部ビル

(台北中央社)第76回国連総会一般討論が今月下旬に開催されるのを前に、外交部(外務省)は2日、外交関係を結ぶ各国に対し、台湾を支持する発言を行うよう要請したと明らかにした。台湾が国連システムから長年排除されている問題を正視するよう促す書簡を国連のグテーレス事務総長に送ることも求めた。国連システムへの参加を願う台湾の姿勢を示すのが狙い。

一般討論は21日から27日までニューヨークで開かれる。外交部は2日、国連参加推進について、リモート形式の記者会見で説明した。

外交部によれば、主にアピールするのは(1)台湾の2350万人の人々が国連システムから不当に排除されている現状に対して、国連は即時に行動を起こし、解決すること(2)台湾人や台湾メディアが国連を訪問したり、国連関連の会議やイベントに参加あるいは取材したりする権利を国連が不当に奪っている現状を直ちに正すこと(3)台湾が「持続可能な開発目標(SDGs)」実現に関する会議や仕組み、イベントに平等に尊厳を持って参加する権利を有し、実現に貢献することを国連は保障することーの3点。

外交部はまた、国連総会開会前に、台湾の国連参加を支持する国内外の人から応援メッセージを募る特設サイトを駐ニューヨーク弁事処(総領事館に相当)が開設することを明らかにした。天灯が空に高く上がっていくイメージを採用し、台湾が世界の善良なパワーであることを示すとしている。

(鍾佑貞/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top