Menu 戻る
  • 政治

日本参議院、WHO総会への台湾参加を後押しする決議可決 外交部が感謝

2021/06/11 16:00
日本の国会議事堂

日本の国会議事堂

(台北中央社)台湾が世界保健機関(WHO)総会に招かれなかったことを巡り、日本の参議院は11日の本会議で、次回総会から台湾の参加を認めるよう各国に求める決議を全会一致で可決した。外交部(外務省)の欧江安(おうこうあん)報道官は同日、「日本の参議院が初めて決議可決という形で台湾の国際機関参加を固く支持した」として、これに対し「深い歓迎と心からの感謝を表明する」と述べた。

決議は、新型コロナ対策および今後の世界的な公衆衛生危機対応のために、WHOの次回総会から台湾がオブザーバーとして参加することを認めるよう関係各国に求めたほか、日本政府に対し、台湾がWHOの年次総会にオブザーバーとして参加する機会が保障されるよう関係各国に強く働き掛けることを求めた。「公衆衛生上の成果を上げた地域の有益な知見・経験を世界で共有することが欠かせない」とし、台湾が国際的に重要な会議に参加できないことが国際防疫上「世界的な損失であることは各国の共通認識」と強調した。決議案は超党派の議員が提出した。

欧報道官は、今後も引き続き、日本や理念の近い国家と手を取り、2者間の協力関係を深めていくと表明した。

台湾は2016年を最後にWHO総会に招かれていない。

(鍾佑貞/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top