Menu 戻る
  • 政治

日豪2プラス2、共同声明で台湾海峡に初言及 外交部が感謝「大いに歓迎」

2021/06/10 13:06
日豪2プラス2、共同声明で台湾海峡に初言及 外交部が感謝「大いに歓迎」

日豪2プラス2、共同声明で台湾海峡に初言及 外交部が感謝「大いに歓迎」

(台北中央社)日本、オーストラリア両政府が台湾問題に初めて言及した共同声明を発表したのを受け、外交部(外務省)は9日、「大いに歓迎する」と感謝を表明するとともに、既存の深いつながりを基礎に、引き続き日本、オーストラリアおよび近い理念を持つ国々と密接に協力し合い、民主主義の価値とルールに基づく国際秩序を守っていくとする台湾の姿勢を強調した。

日本とオーストラリアは同日、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をオンラインで開催。共同声明には「台湾海峡の平和と安定が重要であることを確認するとともに、両岸(台湾と中国)問題の平和的解決を促す」という文言が初めて盛り込まれた。

外交部は、4月の日米首脳会談、5月の先進7カ国(G7)外相会合、米韓首脳会談、日EU(欧州連合)首脳会談で出された共同声明でも、台湾海峡の平和と安定の重要性が示されたと指摘。その上で、このことは台湾海峡の平和と安定の維持が米国、日本、オーストラリア、欧州連合など、主要民主国家の共通認識であるだけでなく、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に不可欠な一環であることも表しているとの認識を示した。

(游凱翔/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top