Menu 戻る
  • 政治

日本のワクチン支援、蘇行政院長「感謝」早期実現望む/台湾

2021/06/03 16:59
蘇貞昌行政院長=同院提供

蘇貞昌行政院長=同院提供

(台北中央社)日本が台湾への新型コロナウイルスワクチン提供に向け、調整を進めているのに対し、蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は3日、深く感謝するとし、早期の到着を願う考えを示した。

日本の菅義偉首相は2日夜、ワクチン分配に関するオンライン形式の国際会議で、国内生産の3000万回分の一部を台湾に提供する方針を示した。茂木敏充外相は3日、参院外交防衛委員会で、6月中の台湾への提供を目指していることを明らかにした。

3日の行政院院会(閣議)後の記者会見に出席した蘇氏は、日本政府首脳の発言や態度に深く感謝すると述べた。また、ワクチンの需要が世界的に高まる中で、「(ワクチンの調達を)妨害する国もあり、誰が友人で、誰が友人でないかよりはっきり分かる」とも話した。

(陳俊華/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top