Menu 戻る
  • 政治

図上演習、あすから8日間「最も深刻な脅威想定」/台湾

2021/04/22 18:18
邱国正国防部長

邱国正国防部長

(台北中央社)中国の台湾侵攻を想定した定例演習「漢光37号」のコンピューターを使った図上演習が23日始まる。軍は最も深刻な脅威を想定し、中国軍による侵攻のあらゆるシナリオに備えるとしている。

30日まで8日間続く予定で、公開されている情報によれば、期間として過去最長となる。邱国正(きゅうこくしょう)国防部長(国防相)は、これまでは訓練中、慌ただしく、十分に議論する時間が取れなかったため、期間を延ばすことに決めたと説明している。

実働演習は7月12日から同16日までの予定。

(游凱翔/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top