Menu 戻る
  • 政治

新型ドック型輸送揚陸艦「玉山」が進水 蔡総統「防衛力さらに堅く」/台湾

2021/04/13 17:09
新型ドック型輸送揚陸艦「玉山」

新型ドック型輸送揚陸艦「玉山」

(高雄中央社)海軍の新型ドック型輸送揚陸艦の試作艦の命名・進水式が13日、南部・高雄市の台湾国際造船高雄造船所で開かれ、「玉山艦」と命名された。同艦は海軍初の1万トン級ドック型輸送揚陸艦となる。蔡英文(さいえいぶん)総統はあいさつで、同艦によって海軍の任務実行能力が強化され、防衛力がさらに堅実なものになることだろうと自信を示した。

同艦を製造した台湾国際造船の鄭文隆董事長(会長)によれば、全長153メートル、全幅23メートル、満載排水量1万600トン。海軍によると、水陸両用作戦や離島への物資支援、国内外の人道援助などの任務を担う。防空ミサイル「海剣2」2基や76ミリ速射砲1基、機関砲システム「ファランクス」2基などを搭載する予定で、乗員は673人。

同艦は来年引き渡しが行われる予定。

(游凱翔/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top