Menu 戻る
  • 政治

蔡総統、忠烈祠の春の式典に出席 各民族の先祖や烈士を追悼/台湾

2021/03/29 15:42
忠烈祠の春の式典に出席し献花する蔡英文総統

忠烈祠の春の式典に出席し献花する蔡英文総統

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は29日、台北市の国民革命忠烈祠で開かれた春の式典に出席し、各民族の先祖や辛亥革命などで戦没した英霊を追悼した。式典後、蔡総統は遺族代表に拱手(こうしゅ)であいさつした。

忠烈祠は革命での戦没者や国を守るために殉職した烈士計40万人余りを祭る。同所では毎年3月29日と9 月3日の年2回、政府主催の追悼式典が開かれる。

蔡総統は式を執り行う「主祭」を務め、頼清徳(らいせいとく)副総統のほか蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)ら5院の院長が式典に付きそう「陪祭」として出席した。

(葉素萍/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top