Menu 戻る
  • 政治

米国連大使、来週台湾訪問 蔡総統「台米パートナーシップの里程標」

2021/01/09 15:54
米国連大使、来週台湾訪問 蔡総統「台米パートナーシップの里程標」

米国連大使、来週台湾訪問 蔡総統「台米パートナーシップの里程標」

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は、ケリー・クラフト米国連大使の台湾訪問を来週に控えた9日、自身のツイッターを更新し、「台米パートナーシップの重要なマイルストーン」と歓迎の意を示した。

外交部(外務省)によれば、現職の米国連大使が訪台するのは、中華民国(台湾)が国連を脱退した1971年以来初めて。クラフト氏は13~15日にかけて台湾に滞在し、蔡氏や呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)らと面会するほか、同部で台湾の国際参加や国連事務などについて交流する予定。

蔡総統は、国際社会における「Taiwan can help」(台湾は手助けできる)の精神を際立たせるものだともつづり、クラフト氏を心待ちにする心境を伝えた。

(温貴香/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top