Menu 戻る
  • 政治

ポンペオ米国務長官、台湾への支持を改めて表明

2021/01/08 14:41
ポンペオ米国務長官のツイッターから

ポンペオ米国務長官のツイッターから

(ワシントン中央社)ポンペオ米国務長官は7日、ツイッターに「われわれは台湾の友人のそばに立ってきた」などとつづり、台湾を支持する立場を改めて表明した。

ポンペオ氏は、米政府による台湾への武器売却にも言及。「トランプ政権が過去3年間で承認した武器売却の総額は150億米ドル(約1兆5500億円)を超える。オバマ政権はどうか?8年間で140億米ドル(約1兆4500億円)だった」と指摘し、台湾を重視する現政権の姿勢をアピールした。

投稿には、「計算すれば」のハッシュタグ(検索目印)や拳を握る中華民国(台湾)軍兵士の写真も添えられた。

トランプ政権は2017年1月に発足して以来、昨年12月を最後に11度にわたり台湾への武器売却を承認し、売却した戦闘機「F16V」や無人機などの総額が約183億米ドル(約1兆9000億円)に上る。対するオバマ政権(2009~17年)は台湾への武器売却が3度で、計約140億米ドルだった。

(徐薇婷/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top