Menu 戻る
  • 政治

台湾、憲法改正委員会を設置 18歳参政権や考試院・監察院廃止案議論へ

2020/09/15 14:17

(台北中央社)与野党は14日、修憲(憲法改正)委員会の設置で合意した。立法院(国会)の資料によれば、18歳参政権や、日本の人事院に相当する考試院、公務員や行政機関を監督する監察院の廃止などについて議論する見通し。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top